日本商工会議所会頭  
  門野重九郎[かどのじゅうくろう]  
  (1867〜1958)  
 

1867(慶応3)年9月9日三重県出身。1891(明治24)年東京帝国大学工科大学土木科を卒業。アメリカに留学し土木工学を研究、帰国後山陽鉄道に入社し、1897(明治30)年大倉組に移る。ロンドン支店長を経て、1910(明治43)年合名会社大倉組副頭取となり、3大直径会社の大倉商事、大倉鉱業、大倉土木の各会長を兼任、当主大倉喜八郎に次ぐ大倉財閥の重鎮として活躍した。1937(昭和12)年4月から日本商工会議所会頭。1958(昭和33)年4月24日逝去。

 
  参考文献検索