ホームindex得する経営情報!

得する経営情報!

会社設立の裏ワザ<1>休眠会社を買い取る

わずか数10万円!?通常、株式会社を設立するには資本金だけでも最低1千万円が必要になる。しかし、資本金ナシで会社をもてる裏ワザがあった!!

 

休眠会社とは?
現在、営業活動をまったく行わず会社が休止状態にあるものをいう。100万社はあると言われている。

休眠会社を買い取る
こうした休眠会社を格安でM&Aで買収するというテクニックだ。有限会社なら10万〜20万円、株式会社でも30万円程度で買うことができる。買い取ったあと、商号や事業目的などを変更してしまえば、自分の会社になる。日本には休眠会社が多く、休眠会社専門の業者やブローカーも存在して、結構があるみたいだ。

 

休眠会社を買い取るメリット

◎資本金を用意する必要がなく数10万円で会社を所有できる。
◎「当社は10年以上営業している会社です」と設立年から換算してもよい。
◎当座預金つきならば小切手や約束手形を使うことかできる。
◎不動産業(宅地建物取引業)などの免許つきの会社もある。
 
落とし穴
しかし、休眠会社の利用には落とし穴があるので注意しなければならない。買い取った会社に帳簿にない簿外債務があったり、金融機関のブラックリストに載っていたり、過去に大きなトラブルがあったりした場合は、買収と同時にこれらの負債やトラブルを背負い込んでしまうことになる。
 

休眠会社を買い取るデメリット

◎帳簿にない簿外債務があった場合は、負債を背負い込んでしまう。
◎金融機関のブラックリストに載っていて銀行取引停止の場合、新たに借り入れができない。
◎貸借対照表などの決算書をそのまま引き継ぐため実際の帳簿と残がずれてしまう場合がある。
◎金融機関のブラックリストに載っているかどうかは事前に調査することはできるが、見落としがちなのが法人税等の税金である。
 
いずれにせよ、これは“裏ワザ”なので、どうしても設立資金が集まらないとか、設立している時間がないなどの理由がある場合は、一考の価値があるが、そうでなければ、やはり一から会社を設立するべきである。
 
 

休眠会社を買い取るのに必要な費用

 
区分 費用の内容 有限会社 株式会社 備考
買取額   200,000 300,000  
定款変更 登録免許税 30,000 商号や事業目的などを変更
役員変更 登録免許税 10,000  
本店の移転 登録免許税 60,000 同一市町村内の場合は30,000
合  計 300,000 400,000  
※上記の費用以外に司法書士に頼んだ場合は司法書士手数料などの費用がかかる。
 
 

会社設立に必要な費用

 
区分 費用の内容 有限会社 株式会社 備考
定款認証 収入印紙代 40,000 40,000  
定款認証手数料 50,000 50,000  
謄本手数料 1,250 1,250 定款1枚につき250円
金融機関 出資金払込事務の委託手数料
7,500 25,000 払込資本金の約1000分の2.5(金融機関により異なる)
登記申請 登録免許税
(有限会社・6万円に満たない場合は6万円。株式会社・15万円に満たない場合は15万円)
60,000 150,000 資本金の約1000分の7
その他 会社登記簿謄本 3,000 3,000 1通1,000円
代表者印鑑証明 1,500 1,500 1件500円
合  計 163,250 270,750  
※上記の費用以外に代表印等の印鑑代、日本法令どの用紙を購入した場合の用紙代、司法書士に頼んだ場合は司法書士手数料などの費用がかかる。
※資本金は株式会社で最低1000万円、有限会社で300万円必要となる。
 
 
 
 
 
 


 

当ホームページへのご希望、ご感想、ご依頼等は、ここまでどうぞ。
Copyright  1998 Japan Business Learning Research Institute,Limited, . All Rights Reserved