ホームindex得する経営情報!

得する経営情報!

会社設立の裏ワザ<2>会社設立代行業者を使う

わずか数10万円!?通常、株式会社を設立するには資本金だけでも最低1千万円が必要になる。しかし、資本金ナシで会社をもてる裏ワザがあった!!

 
新規の会社設立を格安の費用で請け負う会社設立代行業者がある。こうした会社設立代行業者は、設立に必要な資本金を一時的に融通してくれ、さらに提携している司法書士が申請書類の作成一式を行ってくれる。この方法なら、有限会社の場合は30万円〜40万円で設立でき、株式会社ならば60万円〜70万円で会社を作ることができる。

この方法の良いところは、まったくの新規の設立になるので、休眠会社を買収するのと違って前の会社の隠れ債務やキズをまったく気にする必要がないことだ。会社設立代行業者は、夕刊紙やビジネス雑誌などによく広告を出しているので、すぐに見つかる。

 

会社設立代行業者を使うデメリット

これなら簡単に会社が作れそうだが、株式払込の時だけ一時的に資金を借りるという方法は注意が必要だ。そもそも株式払込は、「会社を設立するに足る財産が実在すること」を証明する行為でもある。まったく資金がないにもかかわらず、それがあるかのような手続を行うことはいわゆる「見せ金」に相当し、違法行為となる可能性がある。
 
いずれにせよ、これは“裏ワザ”なので、どうしても設立資金が集まらないとか、設立している時間がないなどの理由がある場合は、一考の価値があるが、そうでなければ、やはり一から会社を設立するべきである。
 
 


 

当ホームページへのご希望、ご感想、ご依頼等は、ここまでどうぞ。
Copyright  1998 Japan Business Learning Research Institute,Limited, . All Rights Reserved