ホームindexウルトラ防衛隊大作戦

得する経営情報!

売掛金が未入金。さて、そんな時は?

 
◆◇◆ 少額訴訟 編 ◆◇◆
 

内容証明郵便を出しても支払ってもらえない場合は、法的手続をとるしか方法はない。訴訟額30万円以下のものであれば、少額訴訟が良い。今までの裁判手続よりはるかに簡便でスピーディーな紛争解決を目指すことができる。

 

◎小額訴訟とは?

  • 小額訴訟手続とは、民事訴訟のうち、小額の金銭の支払をめぐるトラブルを速やかに解決する事を目的 として誰にでも簡単に訴訟が出来るように手続きを簡易にした制度。
  • 普通の訴訟では訴訟費用や弁護士費用を考えると「泣き寝入り」してしまいがちだ。 この様な事件のために作られた制度で、1日で審理が終わりその日に判決が出る。
  • 簡易裁判所へ行けば、定型訴状用紙や定型答弁書用紙がある。
  • 費用は訴額により異なる(収入印紙が5万円ごとに500円と郵便切手が少々)

 

◎小額訴訟の特徴

  • 30万円以下の金銭支払請求に限る。 貸金や敷金返還は可能だが家屋明渡しや離婚請求などは出来ない。
  • 何度も裁判所に足を運ぶことなく、審理は、原則として1回の期日で双方の言い分を聞いたり証拠を調べたりして、直ちに判決が言渡される。
  • 証拠書類や証人は、審理の日にその場ですぐに調べることができるものに限られる。
  • 裁判所は、訴えを起こした人の請求を認める場合でも、分割払、支払猶予、遅延損害金免除の判決を言い渡すことができる。
  • 少額訴訟判決に対して不服がある場合には、判決をした裁判所に不服(異議)を申し立てることができる。

 

 
少額訴訟の手続の流れ
         
訴えを起こされた人(被告)
 
簡易裁判所
 
訴えを起こす人(原告)
     
 
訴状の受理
訴状提出
   
訴状副本、期日呼出し状、
手続説明書面、などを受理
第一回期日の指定
(およそ1ヶ月〜2ヶ月後に指定)
期日の連絡を受ける
     
答弁書提出
答弁書受理
答弁書受理
   
証拠書類・証人などの準備
   
証拠書類・証人などの準備
   
審理は原則1回で終了
判      決
     
話し合いによる解決(和解)
     
判決
・支払猶予・分割払
・遅延損害金・免除もできる
         
         
         
         


 

当ホームページへのご希望、ご感想、ご依頼等は、ここまでどうぞ。
Copyright  1998 Japan Business Learning Research Institute,Limited, . All Rights Reserved